スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←風になろう・・・ →Password・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【風になろう・・・】へ
  • 【Password・・・】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音の調べから・・・一曲の旋律

グリーンスリーヴス

 ←風になろう・・・ →Password・・・



懐かしく心に響く旋律に風景が浮かんで参ります。幼少の頃、野原を駆け巡った私は夢見る少女になるに至る歴史の一齣がここにございました。

グリーンスリーヴスはファンタジーの一齣でもあるのです。
暫し曲の旅に出るために掲載致します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■

グリーンスリーブスまたはグリーンスリーヴス
(英語原題:Greensleeves)は、伝統的なイングランドの民謡で、
ロマネスカと呼ばれる固執低音の旋律をもつ。

原曲については作者不詳となっているほか、
チューン(節まわし、いわゆるメロディーの骨格)は
2種類存在していた可能性がありますが、
どちらも不明となっております。
起源
エリザベス朝の頃、イングランドとスコットランドの国境付近の地域で生まれたといわれておりますが、前述の通りその起源は厳密には判っておりません。

記録では、1580年に、ロンドンの書籍出版業組合の記録に、この名の通俗的物語歌(EN)が、
「レイディ・グリーン・スリーヴスの新北方小曲
(A New Northern Dittye of the Lady Greene Sleeves)」として登録されておりますが、
この印刷文は未だ発見されておりません。

またこの歌は、1584年の『掌中の悦楽』のなかで、「レイディ・グリーン・スリーヴスの新宮廷風ソネット(A New Courtly Sonnet of the Lady Green Sleeves)」として残っております。
このため、以下のような未解決問題が生じております。

すなわち、古く登録された「グリーンスリーヴス」の歌のチューンがそのまま今日まで流布したのか、あるいは2つの歌のチューンが別だとすれば、そのいずれが今日広く知られている曲なのか、である。
現存する多数の歌詞は、今日知られているチューンに合わせて作詞されております。

作曲者の伝説My Lady Greensleeves
広く流布している伝説ではありますが、証拠が確認できないものに、この曲は、
ヘンリー8世(1491年 - 1547年)が、その恋人で後に王妃となるアン・ブーリンのため作曲したというものがあります。
・トマス・ブーリンの末娘であったアンは、ヘンリーの誘惑を拒絶した。
この拒絶が歌の歌詞のなかに織り込まれていると解釈できる
(「cast me off discourteously((わが愛を)非情にも投げ捨てた).」という句が
歌詞に入っている)。

この伝説は真偽不明ですが、歌の歌詞は今日でもなお大衆の心のなかで、
一般にアン・ブーリンと関連付けられております。

※しかし実際のところ、ヘンリー8世がこの歌の作者であったということはありえないことです。
何故なら、歌はヘンリーが崩御した後でイングランドで知られるようになった詩のスタイルで書かれているからす。
とウィキにございます。
緑の袖の意味
歌のなかのレイディ・グリーン・スリーヴスは、非常に高い確率で、性的に乱れた若い女性であり、恐らく娼婦であったろうことが広く認められております。
彼女の袖(スリーヴ)の色が緑であることは、恋人との情事が草のなかで行われ、草の色が染みついたことを示唆している。
またイングランドでは、緑という色は、売春と関連付けられておりました。
「緑の袖」は取り外しができ、その職業を示す印として、娼婦が付けることを求められたともされております。

他にも緑はイギリスの一部地域では伝統的に妖精や死者の衣の色なので、
もしかすると恋人は「私を」捨てたのではなく、死んでしまった、という解釈も出来ます。

歌詞と対訳
Alas, my love, you do me wrong,
To cast me off discourteously.
For I have loved you for so long,
Delighting in your company.

Chorus:
Greensleeves was all my joy
Greensleeves was my delight,
Greensleeves was my heart of gold,
And who but my lady greensleeves.

ああ、私の愛した人は何て残酷な人、
私の愛を非情にも投げ捨ててしまった。
私は長い間あなたを愛していた、
側にいるだけで幸せでした。

グリーンスリーヴスは私の喜びだった、
グリーンスリーヴスは私の楽しみだった、
グリーンスリーヴスは私の魂だった、
あなた以外に誰がいるでしょうか。


なお、日本語訳詞は複数あり、岩田宏訳、門馬直衛訳、三木おさむ訳、八木良子訳、などがあります。

文学作品での言及
1602年頃に書かれた、シェイクスピアの喜劇『ウィンザーの陽気な女房たち』において、
フォード夫人が説明なしで、「グリーンスリーヴス」のチューンに2度言及する場面があり、
フォルスタッフは後に大声で叫ぶ:
Let the sky rain potatoes! Let it thunder to the tune of 'Greensleeves'!
空よ、じゃがいもの雨を降らせよ! 
「グリーンスリーヴス」のチューンで雷鳴を轟かせよ!
これらの仄めかしは、当時、この歌が一般によく知られていたことを物語っている。

派生作品
この旋律は、様々な曲の主題として用いられております。
フェルッチョ・ブゾーニ:『悲歌集』 - 第4曲『トゥーランドットの居間』
グスターヴ・ホルスト:『吹奏楽のための第2組曲』 - 第4曲『「ダーガソン」による幻想曲』の対旋律。
なお、この第4曲は編曲されて弦楽合奏のための『セント・ポール組曲』にも転用されております。

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ:『グリーンスリーブスによる幻想曲』

関連項目
『御使いうたいて』 - グリーンスリーブスのチューンで歌われるクリスマス・キャロル
『牧場の我が家』(Home in the Meadow) - 1962年の映画『西部開拓史』(How the West Was Won)の挿入歌。グリーンスリーヴスのチューンを使っております。

ウィキソースにen:Greensleevesの原文があります。
『掌中の悦楽』(A Handful of Pleasant Delights、1584年)の転写
グリーンスリーヴスのフリー・ピアノ楽譜 (プラグインのインストールが必要)
グリーンスリーヴスのフリー・ピアノ楽譜 (GIF)
Andrew Kuntz, The Fiddler's Companion: see under Greensleeves
Easybyte - グリーンスリーヴスのためのピアノ音楽 / 御使いうたいて
Tablature transcription for Ukulele
サンプル音楽「グリーンスリーヴス」mp3
「グリーンスリーブス」midi

カテゴリ: 賛美歌
イギリスの民謡
イングランドの音楽
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□

世界の民謡・童謡から

私は貴方の真の恋人 もう一度ここに来て 私を愛してください

ヴィクトリア女王

『グリーンスリーブス(グリーンスリーヴス/Greensleeves)』は、エリザベス朝時代(16世紀後半頃)によく歌われてたイングランドの最も古い民謡。

シェイクスピアの劇中でも言及され、1962年のアメリカ映画「西部開拓史」の挿入歌となったほか、ビートルズ『愛こそはすべて』のエンディングでも一部引用されております。

「グリーンスリーブス」とは、ある女性の名前として用いられているようだ。
中世・ルネッサンス期では、「緑」には「不倫」の意味があり、当時のヘンリ8世による女性遍歴を揶揄(やゆ)した曲であるとの解釈もなされております。

【参考】 王妃の闘い―ヘンリー八世と六人の妻たち

クリスマスソングとしてもおなじみ
クリスマスキャロル『What Child Is This/ 御使いうたいて(みつかいうたいて)』は、グリーンスリーブスのメロディーで歌われるクリスマスソング。

このクリスマスキャロルの歌詞は、1865年頃にイギリスの詩人ウィリアム・チャタトンディックス(William Chatterton Dix/1837-1898)が発表した詩集『The Manger Throne』の中の詩があてられている。

なぜイングランド民謡『グリーンスリーブス』のメロディーで歌われ始めたのか明らかではないが、一説によると、編曲者のJohn Stainer (1840-1901)ではないかと推測されているようだ。

『グリーンスリーブス幻想曲』としてオーケストラに

グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集

イギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムズは、イングランド民謡『グリーンスリーヴス』に基づく小管弦楽のための小品『グリーンスリーブス幻想曲』を作曲した。

『グリーンスリーブス幻想曲』は、当初はヴォーン・ウィリアムズによる1928年のオペラ『恋するサー・ジョン(Sir John in Love)』の第3幕の間奏曲として用いられた。

その後、この間奏曲をラルフ・グリーヴズ(Ralph Greaves)が編曲し、独立させた作品が『グリーンスリーヴスによる幻想曲』である。1934年9月にロンドンで初演され、ヴォーン・ウィリアムズ自身の指揮で行われた。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□

以上はウィキペディア・世界の民謡から掲載致しました。
この曲に伴う絵画・物語等もあるでしょうから、いずれ折を見て、そちらも知りたいものです。











スポンサーサイト


  • 【風になろう・・・】へ
  • 【Password・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【風になろう・・・】へ
  • 【Password・・・】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。